ファミリーカー人気はどれ?

 

「子供が産まれたから、ファミリーカーが欲しい」
「今の車だと、家族で乗るには不便だから買い替えたい」
「今のファミリーカーにはどんなものがあるの?」

 

 

当サイトは、こうしたお悩みやご要望をお持ちの方に向けて、それぞれのご家庭にぴったりなファミリーカー選びの情報をお伝えします。

 

各メーカーの各種モデルの口コミやデザイン、乗り心地、価格、実燃費といった詳細から値引き情報にいたるまでをご紹介。

 

現在、ご購入を検討の方はぜひ参考にしてみてください。

 

また、ファミリーカー選びに役立つ情報なども満載でお届けします。当サイトで、お気に入りの一台をぜひ見つけてくださいね。

 

カテゴリー別ファミリーカーランキングはこちら

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

どんな車が必要ですか?〜ファミリーカーのタイプを知りましょう〜

まずはどんなタイプのファミリーカーを選べばよいのかを知るために、家族構成を考えてみましょう。

 

世の中にはさまざまなご家庭があります。
夫婦二人と子供が一人といったうちから、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に住んでいるという方、また子供が3人以上の家庭もいるでしょう。

 

ファミリーカーに求められるものは、そのお家によって異なります。

 

→家族構成で考える車選び

 

 

 

やっぱりミニバン!将来のことも考えて3列シートを選ぶ

お子様が2名以上いらっしゃったり、2世帯でお暮らしだったりするご家庭にはミニバンが良いでしょう。

 

6〜8名乗っても余裕のサイズなので、どんなシチュエーションでも便利に使えます。

 

ちょっとした遠出の時でも、快適な移動ができるでしょう。

 

→人気のミニバンランキング

 

 

 

ミニバンはNG!かっこよくて走行性が高い車なら

 

どうしてもミニバンを受け付けない人もいるでしょう。
子育て真っ最中はやはりミニバンが一番便利ではありますが、デザインや走行性はイマイチですよね。

 

利便性は二の次で、走行性が高くデザインもかっこいい車がいい!
という方には、SUVやステーションワゴンがおすすめです。

 

荷台が広くて荷物がたくさん積めるので、アウトドアなどにもぴったりです。

 

ただ、やはりミニバンよりも居住空間は狭いので、子供が3人いると結構厳しいでしょう。

 

1〜2人なら全く問題ないのでミニバンはNGという方は検討してみてください。

 

→SUV人気ランキング
→ステーションワゴン人気ランキング

 

 

子供1人なら十分!小回りがきいて燃費もいいコンパクトカー

軽自動車はちょっと・・・。でもなるべくコストを抑えたいし、ミニバンまでの広さは必要ない!

 

ということなら、コンパクトカーがおすすめ。
5人乗りでスライドドア付きのコンパクトカーもいくつか出ています。

 

1,000〜1,500ccの排気量があるので軽自動車よりもパワフルです。
小回りも効くので運転が苦手なママにもおすすめですよ。

 

ただ、定員が5人で2列目までなので子供が3人いるとか、祖父母とお出かけすることが多い方にはオススメできません。

 

室内やラゲッジスペースはある程度我慢しないといけないでしょう。

 

子供が2人までで軽自動車はちょっと不安という方はコンパクトカーはいいでしょう。

 

→人気のコンパクトファミリーカーランキング

 

 

軽自動車でも十分なら

 

たとえば、3人家族なら4人乗りの軽自動車を選んでも十分にファミリーカーとしての役割を果たしてくれます

 

最近の軽自動車は室内が広めに設計されているものも多く、高さにも余裕がありますのでベビーカーを車載するのも楽々。

 

スライドドアも付いているし、燃費もいいので、1人目の子供が生まれた家族の買い替えがとっても増えています。

 

パワーはそこまで期待できないし、長距離向けではないけど、とにかくコストを抑えたい人には軽自動車がおすすめです。

 

→軽自動車のファミリーカーランキング

 

 

パパとママのどっちがメイン?

車のタイプ選びの際に注意したいのが、「誰が乗るのか?」という点です。

 

ファミリーカーと言えど、ご主人が通勤にも使うということであればSUVやセダンタイプなどを選ぶべきかもしれませんし、奥様がメインということであれば、小回りを重視したほうが良いかもしれません。

 

こういった点も、ファミリーカー選びには重要ですので、現在のライフスタイルを一度見直し、誰が一番多く乗るのかを考えたうえで、検討するようにしましょう。

 

 

たとえば、スタイリッシュなデザインでありながら、十分にファミリーカーとして使えるようなものも各メーカーから数多くリリースされています。

 

「せっかく車を買うならかっこいいものがいい」という旦那様の気持ちもしっかり満足させることができますので、いろいろと見て回ってみるのも良いですね。

 

→パパがうれしい!かっこいいファミリーカー

 

 

 

また、運転が苦手な奥様でも操作がしやすいファミリーカーというものもあります。
最近ではキュートなデザインの車も増えてきました。

 

「普段乗りするものだから、可愛い車に乗りたい!」
というママさんのご要望にもしっかり応えてくれるモデルが各メーカーからラインナップされていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

 

 

→ママにオススメ!可愛くて運転しやすい車は

 

 

 

性能から考えるファミリーカー〜それぞれの用途にマッチしたものを〜

「どんな車に乗りたいか」は、ファミリーカー選びにおいてとても大切な条件です。
しかし、それと同じくらい、車の機能については慎重に選んでおくことをオススメします。

 

特に、小さなお子様のいるご家庭であれば、スライドドアタイプのファミリーカーを選ぶのが非常にオススメです。

 

ベビーカーはもちろん、お買い物に出かけた際の荷物の積みおろしなどでストレスが溜まると、車を使うこと自体がおっくうになることも少なくありません。

 

スライドドアタイプのファミリーカーであれば、こうした作業も快適に行えますので大変便利です。

 

 

→子育て中の車 スライドドアのメリット・デメリット

 

 

子どもとアウトドアを楽しみたい!

また、お子様と一緒にキャンプなどに出かける機会が多いのであれば、アウトドアスポーツが楽しめるファミリーカーを選んでおくのも重要です。

 

パパとママと一緒にするアウトドア旅行は、お子様の一生の思い出になる大切なイベント。

 

その際に、車の機能が伴っていないせいで不自由な思いをご両親とお子様がされてしまっては、せっかくの楽しい外出が台無しです。

 

こうした点も、ファミリーカーを選ぶ大切な基準のひとつと言えるでしょう。

 

 

→子どもと一緒にアウトドアスポーツが楽しめる車

 

 

 

また、当たり前ではありますが安全性の高さもファミリーカー選びの重要な要素のひとつです。

 

どんなに気をつけていたとしても、交通事故はいつ起こるか分かりません。

 

ハンドルを握る方はもちろん、助手席に座る方、そして後部座席に座るであろうお子様たちの命を守るために、この点を無視するわけにはいきませんよね?

 

たくさんの人が乗るファミリーカーだからこそ、安全面へ配慮された機能や設計については、十分過ぎるほどチェックしておきたいところです。

 

 

安全性が高いクルマを選ぼう

 

 

将来のことも考えて〜車とお金の関係について〜

ファミリーカー購入の際には当然、価格面についての心配が残ります。

 

「デザインや機能を重視したら、ある程度高くなるのは仕方がない」
「子育て中で家計が厳しいから、できるだけ初期費用は抑えたい」

 

などなど。ご家庭によって、その基準はさまざまでしょう。

 

こうした中、まず直面するのが支払の問題です。

 

現在では、現金払いはもちろん、通常のローンだけでなく残価設定型プランという方法も登場しています。

 

金額的な面だけを見れば当然現金払いがもっともお安くなりますが、車は高価な買い物です。

 

即金で購入、という決断はなかなかできません。

 

そのためローンを組むのが一般的ですが、この中にもさまざまな支払方法が存在しています。

 

ご家庭の家計簿と照らし合わせながら、無理のない支払プランを立てるようにしてください。

 

購入はローン?それとも残価設定?

 

 

ガソリン車?それともハイブリッド?

また、将来的なことを考えれば燃費性能についても目を向けておくべきでしょう。

 

特に、近年話題のハイブリッドカーであれば、ガソリン車に比べてランニングコストを大幅に削減することができます。

 

ただし、その分車両価格が高くなるという傾向もありますので、
どれくらい走るのか?
トータルで見た時のコストは?
といった部分をしっかり確認してから選ぶようにしてください。

 

→ハイブリッドカーとガソリン車はどっちがいい?

 

 

車の維持費ってどのくらいかかる?

ランニングコストで気に掛けなくてはならないのは燃費だけではありません。

 

車はタイプによって維持費などが異なります。お子様のいる家庭の場合はいろいろと入り用になることも多く、家計のやり繰りはなかなか大変なもの。

 

何も考えずに車を購入してしまい、その後の維持費で生活が圧迫される、といったことがないよう、あらかじめ確認をしておくようにしましょう。

 

 

→タイプ別 車の維持費はどのくらいかかる?

 

 

本当に必要?リースやカーシェアもありかも!?

最後に、ファミリーカーを自分で購入するのではなく、子育て期間中だけリースという形で借りる方法や、誰かと共有することで費用を抑えるカーシェアという方法があることも覚えておきましょう。

 

どちらもデメリットはありますが、無理な金額を出して車を購入するよりは利点が多いケースも存在します。

 

将来、お子様が大きくなった時のことを考え、それぞれのご家庭にベストな方法でファミリーカーが使用できる環境を手に入れてください。

 

→リースやカーシェアもあり?

 


Sponsored Link

お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。



→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら



 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ

車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。


→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?











Sponsored Link