実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

安全装備で子供を万が一から守ろう!

車を選ぶとき、何を重視しますか?
デザイン、運転のしやすさ、燃費、大きさなど人それぞれです。

 

しかし、子供を乗せるファミリーカーで最優先したいのは安全性ですよね。

 

とっても便利な車ですが、一方で事故などを起こす危険はゼロではありません。

 

万が一のことが起こってから後悔する前に、安心して乗れる車を選びましょう。

 

 

「安全性の高さ」の基準は変化している!?

ボディが頑丈だったり、エアバッグがついていたりと少し前までの「安全な車」の基準は事故を起こしたときに人の命をいかに守れるか、ということを重視していました。

 

ですが最近は事故を未然に防ぐことを目的とした「安全な車」が続々と誕生しています。

 

具体的に、どんな機能があるのでしょう?

 

 

自動ブレーキが増えています

「エマージェンシーブレーキ」「セーフティセンス」など、ここ最近で急激に搭載している車が増えているのが自動ブレーキ機能

 

障害物や人を検知し、ドライバーがブレーキをかけなくても衝突の危険があるときは自動的に車がブレーキをかけてくれる機能です。

 

わき見運転のときに起こりやすい、追突事故の防止を主に目的としています。

 

ただあくまでドライバーの補助的な機能なため、車種によっては人には反応しない、前方しか検知しないなどの問題点も多く、より高性能なものの開発が今もなお続けられています。

 

検知するセンサーは主に3種類に分けられており、実際に搭載されているものではミリ波レーダーとカメラ、赤外線レーザーがあります。

 

ミリ波レーダー

ミリ波レーダーは前を走る車などにレーダーを出し、反射して戻ってくるまでの時間などから障害物かどうかを判断するタイプです。

 

かなり遠くの障害物を検知することができ、悪天候や逆光などの環境の変化にも左右されやすいメリットがあります。

 

ただその一方でコストが高くなりがちなうえ、レーダーを反射しない人を検知することができないといったデメリットがあります。

 

日産のインテリジェントブレーキアシスト、マツダのスマートブレーキサポートなどがミリ波レーダーを採用しています。

 

赤外線レーダー

30mほどの近い距離を検知する。
時速30kmが限界なので補助的な役割にしかならないかも。

 

価格が安いのが特徴です。

 

カメラ

 

そしてカメラはその名前の通り、車載カメラを通して障害物かどうかを検知しています。

 

かたちや動きなどを検知するため人や動物など、レーダーを反射しないものにも反応するることができ、コストも比較的安いのも特徴です。

 

しかし安全に停止できる距離をカバーできるもののレーダーに比べると検知できる範囲が若干制限されるうえ、逆光や悪天候など、環境の変化の影響を受けやすいデメリットもあります。

 

また搭載しているカメラがシングルカメラなのかステレオ、光学カメラなのかによっても性能に違いがあるようです。

 

カメラを採用しているのはスバルのアイサイト、日産のエマージェンシーブレーキにもシングルカメラ方式があります。

 

 

 

これらのカメラを組み合わせている車も増えています。
例えば、ミリ波レーダー+カメラなどです。

 

 

ほかにもこの周囲を検知する機能を応用し、バックするとき、バックミラーに映らない角度に障害物があると教えてくれる機能や、車線変更のときに車間距離が近すぎると自動的にブレーキがかかったりハンドルを動かさないよう固定する機能も登場しています。

 

ほかにもセンターラインからはみ出して走行していると警告音で知らせてくれる、という機能もあります。

 

そしてまだ本格的な運用には至っていませんが、自動運転の機能についても研究が進んでいて、実用化間近といわれているようです。

 

自動運転してくれる車が誕生すれば、もしかしたら交通事故ゼロになることも夢ではなくなるかもしれませんね。

 

 

 

安全性の高さで人気の車は?

では具体的に安全性の高さで人気なのはどんな車なのでしょう?

 

自動ブレーキ機能については誤作動などが報道されることもあり、少々不安に思っている人も多いはず。

 

そのため自動ブレーキ機能つきの車を選びたいなら、カメラと赤外線レーザーなど、複数の検知機能を搭載している車がおすすめです。

 

 

自動ブレーキ機能の優秀さで定評があるのはやはりこの機能の先駆け的な存在のスバル

 

そのなかでもレガシィアウトバックは「ぶつからない」という観点からは、ほぼ満点に近い性能を搭載しているそうです。

 

参考動画↓

 

ちょっと大げさな動画ですが、自動ブレーキに頼り切るのも危険ですね。。。

 

 

スバルレガシィアウトバックは国土交通省などが行っている予防安全性能評価で2015年に満点を獲得したこともあり、安全性の高さは折り紙付き。

 

予防安全性能評価とは自動ブレーキ機能など、先進の事故防止システムを搭載した車の性能のよしあしを判断する基準のひとつ。

 

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が共同で行っていて、いかに事故を予防する性能が高いかどうかを判断するにはとても参考になります。

 

 

ほかにもトヨタのシエンタが2015年、この評価で満点を獲得しています。

 

ミニバンでありながらコンパクトで扱いやすく、燃費も悪くないのでこちらもに気が急上昇しているのだそう。

 

 

ただこうした自動ブレーキ機能や警告してくれる機能はあくまで事故を防ぐサポートを目的としていますので、確実に事故を防いでくれるわけではありません。

 

とはいえ技術の進化によって車の安全性は「事故が起きたときに人命を守る」かどうかではなく、「いかに事故を未然に防ぐか」に変化していっているようです。

 

確かに事故が起きなければ命が危険にさらされることもありませんね。

 

しかしいくら高性能で安全性の高い車に乗っていてもドライバーがしっかり運転していなければ、いつかは事故を起こします。

 

安全性の高い車を選ぶと同時に、ぜひ安全運転も心がけてくださいね。


 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link