実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

リースやカーシェアもありななのか?

車を買わずとも気軽に乗ることができるのがカーリースやカーシェアリング。

 

車検や保険料、税金など車に関する維持費の負担も軽く、車にかけるお金を安くあげることができます。

 

一見車を購入するより便利そう、ということで最近利用者が増えているようですが、デメリットはないのでしょうか?

 

そこでカーリースとカーシェアリングのメリット・デメリットをまとめました。

 

 

カーリースのメリットデメリットは?

 

ではまずはカーリースの特徴や、メリットデメリットを紹介します。

 

 

メリット

カーリースは極端に言えば車をレンタルする、ということ。

 

1日単位で車を借りるレンタカーの長期版、と考えればわかりやすいかもしれません。

 

リース会社に毎月一定のリース料を支払えば、基本的には自由に乗り回すことができます。

 

そのため車を購入する際、一時的にかかるたくさんの出費を抑えることができ、面倒な手続きも必要なし

 

しかも新車を購入する場合は納車まである程度待たなければなりませんが、リースの場合はすでにリース会社に車があるので即納車が可能。

 

なのですぐに車がほしい、維持費を気にせず車を持ちたいという人にはぴったりです。

 

また所有者はあくまでリース会社、となりますので車検やメンテナンス費用、税金などの負担もないのも嬉しいポイントですね。

 

 

デメリット

ただ、購入したわけではないためリース料をどんなに支払っても自分の車にはならず、リース期間が終了した場合は車を返さなければなりません

 

さらに事故を起こしたとき、車を壊してしまったときは自家用車よりも割高な費用が発生します。

 

そして契約の際に決めた距離よりも多く走ってしまった場合も差額を支払わなければなりませんし、契約期間中に中途解約になっても、違約金などの名目で支払いが発生するようです。

 

なので契約するとき、どんな場合に使用者側に支払いが発生するのかきちんと確認しておく必要があります。

 

 

月々の費用だけ重視し、事故の際などの費用を確認しておかないと思わぬ出費をしなければいけなくなるかもしれません。

 

 

 

カーシェアのメリットデメリットは?

カーシェアとは、登録した会員同士で車を共有するサービスのことです。

 

毎月1,000円程度の会費を支払い、会員登録しておくと使いたいときにガソリン代など、利用者が使った分だけの負担で車を利用することができます。

 

車は基本的にレンタカー会社やガソリンスタンドなど、決められた場所にとめられていますので車検などはもちろん、駐車場代さえ発生しないとても便利なシステム。

 

メリット

 

月額制をとっているため、レンタカーよりも割安な料金設定になっています。

 

基本的にカーシェアを行っているのはレンタカー会社となり、使いたいときに最寄りの店舗に行って、何時間使うかに応じ、料金を支払うシステム。

 

1時間、2時間程度の短い時間から丸1日など様々なプランが用意されていることもメリットのひとつ。

 

余計なコストをかけず、とにかく使いたいときに車を利用したい、という人にはぴったりです。

 

また用途に応じて使う車種を変更できる、という部分も魅力ですね。

 

自家用車やリースの場合、引越するから、家具を購入するから、なんて理由で車種を変えることはなかなかできません。

 

そのてんカーシェアならその日の気分はもちろんのこと、乗せる人数に応じて車種を選べますので、どんなときにも対応することができます。

 

 

デメリット

ただ会員同士で車を共有する、というスタイルのため誰かが使っているときに使えないということももちろんあります。

 

とくに車を使うことの多い週末や祝日などは予約がとりにくく、利用しにくいといったデメリットも。

 

さらに見ず知らずの人と共有するので、人によって不快に感じるトラブルが起こることも。

 

業者側も車が返ってくるたびにクリーニングをしているわけではないのでゴミがそのまま放置されていることもあります。
他にもエンプティランプがついた状態で貸し出されることも少なからずあるようです。

 

借りた時にバッテリーが上がってたら最悪ですね・・・。

 

 

この辺りは会員や業者のマナー次第、という部分が大きいのですが、実際に会員登録してみないとわからない、というのが実情。

 

また車を利用する頻度によっては逆に割高になってしまうこともあるため、車に乗る頻度や1回に乗る距離なども考えなくてはいけません。

 

 

 

まとめ

 

カーリースもカーシェアも、自家用車をもつよりは圧倒的にコストを抑えることができます

 

駅やバス停など、ちょっとした外出なら車がなくても不便がない、という地域に住んでいるならアリな選択なのではないでしょうか。

 

とくに都心などだと、駐車場代だけでもばかになりませんね。

 

 

毎日乗るわけではないのであれば、選択肢にいれるべきです。

 

しかその反面、自分の好きなように車を使い倒すことはできません。

 

とくに家族で利用する場合お子さんの食べこぼしや泥汚れなど、ちょっとした汚れにもいちいち気を使わなければならないでしょう。

 

車内では飲食禁止などにしておくと余計な心配はシないで済むかもしれませんね。
自分の車ではないので、こうしたルールを決めて乗るのは有効だと思います。

 

 

支払う費用は膨大ですが、好きなだけ使い倒せるといった面では自家用車がいちばん気楽であることは間違いありませんね。

 

車の費用をなるべく抑えたい!
という方は検討してみてください。

 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link