実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

ガソリン車とハイブリッド車どっちにしよ?

我が家のガソリン代は月間15,000円〜20,000円です。

 

はい、かなり家計を圧迫しています。

 

愛車は中古のセレナ。実燃費は8km/lです。

 

燃費悪過ぎます><

 

 

最近の車って燃費いいですよね。
ミニバンでも10km/l以上は当たり前!みたいな。
軽自動車なんか30km/l超えがバンバン出てきています。

 

そして、ハイブリッド車。ミニバンでも20km/l超えています。

 

でも、高い!!!

 

 

環境な燃費のことを考えると断然ハイブリッド車がよさそう、と思いがちですが購入するとなるとガソリン車との値段の差に驚くはず。

 

税金や車検もあるし、もともとの値段が安いガソリン車の方が結果的に安上がりなのでは?

 

いやでも長年乗るなら・・・でもガソリン代の差額でペイするのに10年以上かかるって言われてますからね。

 

それでも気になるハイブリッド。

 

 

さて、今日はそんな私のように悩んでいる方に、ハイブリッドとガソリン車のメリット・デメリットをお伝えします。

 

ちょっとでも選ぶ時の参考になると嬉しいです。

 

 

ハイブリッドカーのメリット・デメリットは?

 

まずハイブリッドカーから。

 

メリット

  • 燃費がいい
  • 環境にやさしい
  • とっても静か
  • 税金が優遇されている

 

 

ハイブリッドカーとはタイヤを動かす動力源を電気でまかなっている車のこと。
そのためガソリンの消費量が少なくてすみ、燃費がいいのが特徴です。

 

 

 

さらにエンジン音もとっても静かで、ハイブリッドカーの先駆け的存在のプリウスは後ろから走ってきても気付かないことがあるほど静かですね。

 

もちろん車内もとても静かで、振動も少なく、乗り心地がとてもよくなっています。

 

 

またガソリンの消費量が少ないため、環境にもやさしいのもポイントのひとつ。

 

地球温暖化の原因となる排気ガスも少ないのでエコな車、といえるでしょう。

 

 

 

さらに税金の面でも優遇されていて、ハイブリッドカーの場合はエコカー減税によってかなり税金が割安になっています。

 

たとえば、自動車を購入したときの取得税は80%も免除になりますし、最初の年の自動車税も75%免除になります。

 

ただ同じハイブリッド車でも軽自動車や国土交通省が定めた基準を満たしているかどうかによって免除額が変動しますので、購入したい車がどのカテゴリになるのかはきちんと確認しておきましょう。

 

 

 

デメリット

  • 車両価格が高い
  • 静かすぎて歩行者に気づいてもらえない
  • 高速だと燃費が悪くなることも
  • メンテナンスが高い

 

 

まず最大の欠点ともいえるのが、車両自体が高額なこと。

 

車種にもよりますが、なかにはガソリン車と比べると100万近く違うこともあり、ハイブリッドタイプを選ぶだけで一気に高級車の仲間入りしてしまうことも少なくありません。

 

また静かなことはいいことなのですが、静かすぎるために歩行者や自転車などに気付かれにくく、思わぬ事故を起こしてしまう可能性もあります。

 

 

そして意外と知られていませんが、ハイブリッドカーは高速走行だと逆に燃費が悪くなるのです。

 

そのため旅行などで高速道路を利用することが多いと、最大のメリットでもある燃費のよさをいかせなくなってしまいます。

 

 

ほかにもモーターを動かしているバッテリーに寿命がある、複雑な構造をしているため修理がディーラーでないと受けてもらえないことが多い、というデメリットも。

 

税金やガソリン代などが安いぶん、そうしたメンテナンスの部分で割高になってしまうこともあります。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

ガソリン車のメリットデメリット

 

メリット

  • 車両価格が安い
  • 修理やメンテがどこでもできる
  • 車内が広い

 

 

まず最初にあげるとすれば、車両自体の価格の安さです。
ハイブリッドカーは高すぎて手が出せなかったとしてもガソリン車なら手が届く、という車種も多いため、予算が限られてくるファミリーには嬉しいところ。

 

そして高速走行でも燃費が落ちにくい、といったてんもあげられます。

 

ハイブリッドカーのように走るスピードに燃費があまり左右されないため、頻繁に高速道路を使って旅行してもそこまでガソリン代が気になりません。

 

しかも最近はガソリン車でもかなり技術があがり、燃費がいい車種が増えてきました。

 

毎日のように何十キロも走る、という場合でないのであればガソリン代の差額はそこまで大きくありません。
毎日のちょっとした買い物がメインで時々旅行、といった利用スタイルならそこまでハイブリッドカーにこだわらなくても損はないようですよ。

 

 

また修理を依頼する場合、どこの修理工場でも請け負ってくれるため万が一の故障でも安くあげることができます。

 

またガソリン車の場合、大きなバッテリーを積む必要がないのでそのぶん車内を広くすることが可能。

 

ゆったりとした設計にできるため、燃費よりも快適性や乗り降りのしやすさを求めるのであればガソリン車の方がおすすめ。

 

 

デメリット

  • 排気ガスが多く出る
  • 燃費が悪い
  • エンジン音がうるさい

 

 

ですがやはりハイブリッドカーと違い、エンジンをかけるところから全てガソリンを使っていますので、排気ガスは多く出てしまいます。

 

さらに排気量が多い車種になると、一気に燃費が悪くなるというデメリットも。

 

排気量が多くなるとそのぶん税金や車検の維持費も高くなりますので、車種を選ぶときは要注意です。

 

 

まとめ

ハイブリッドカーとガソリン車、最近はどちらも環境に配慮した燃費のいい車種が多く販売されています。

 

どちらかを選ぶとき、いちばん気にして頂きたいのは車を利用する頻度。
毎日10キロ、20キロと比較的多く車を利用するなら、燃費のいいハイブリッドカーの方が最終的には安上がりです。

 

ですが車に乗るのは週末がメイン、時々旅行に行く程度、というのであれば車両の値段の差額を考えるとガソリン車の方が得のことが多いですね。

 

そのためファミリーカーとして選ぶなら、どちらもアリです。
家族の車の利用スタイルと車両の値段、どの程度税金が安くなるのかなども考慮し、検討してみてください。

 

 

 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link