実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

ハイエースは子育て中にどうなの?

価格 ガソリン車:293.0万円〜348.8万円
燃費(JC08) ガソリン車:9.1〜11.4km/l
サイズ

(全長×全幅×全高)

4840〜5380×1,880×2105〜2285(mm)

 

シンプルでスタンダードなミニバンとして外すことができない一台といえば、トヨタのハイエースでしょう。

 

ミニバンの代名詞的な存在ですので、その名前を聞くだけで、ほとんどの方がその外観をイメージすることができるのではないでしょうか。

 

 

営業車として使用されることが多いことから、あまりファミリー向きというイメージはないかもしれません。

 

しかし、その車内の広さなどから考えると、十分にファミリーでも活躍することができるのではないでしょうか。

 

 

これぞミニバン!スタンダードなスタイルが逆にオシャレ?

ハイエースは基本的に営業車として使用されることが多いことから、外装にも内装にもあまり装飾的な要素がありません。

 

画像参照元:http://toyota.jp/hiacevan/

 

 

これをチープでつまらない、と感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、一切無駄のないこのスタイルが逆にオシャレに見える、という方も少なくないようです。

 

実際に、ブラックなどのカラーをチョイスして営業車感を薄くすれば、ワイルドでシンプルなミニバンに生まれ変わります。

 

画像参照元:http://toyota.jp/hiacevan/

 

 

カスタムカーもあるので、いろいろ調べてみると面白いですよ!

 

 

内装に関しても、プラスチックが多用されており、お世辞にも高級感があるとは言えません

 

しかし、無駄な装飾もないことから車内をより広く、自由に使うことができるでしょう。

 

 

車中泊もバッチリ!広い空間を自由にカスタマイズできる!

ハイエースは国内のミニバンの中でもトップレベルの車内の広さを誇ります。

 

さらに、シートレイアウトなどの幅も広く、自由にカスタマイズすることができますので、車中泊などにもしっかりと対応することができます。

 

 

参照元:http://hiaceflexdream.blog.shinobi.jp

 

 

3列目シートを収納してしまえば、かなり大型の荷物であっても楽に積み込むことができます。

 

子供の自転車なら、2〜3台は積み込むことができますので、さまざまなスタイルでのお出かけを楽しむことができるでしょう。

 

 

ハイエースは長い歴史を持つ定番車種ですので、アクセサリーなども豊富に揃っています。

 

そのまま状態では、味気なく、不便に感じてしまうこともあるかもしれませんが、アクセサリーを使うことによって、自由にカスタマイズすることができる、という楽しみ方も可能です。

 

 

走行性能は抜群!力強い走りを楽しめる!

車体はとても大きいものの、その分車体は軽量で、2.7lエンジンを搭載していることから、どんな場面でもパワフルな走りを実現することができます。

 

常に余力を残した形で安定した走行をすることができますので、高速道路などでも一切不安を感じることはないでしょう。

 

 

ただ、車体の形状の影響から、横風などの影響を受けやすいことから注意が必要です。

 

 

視野がワイドで運転しやすい!

ハイエースなどの大型ミニバンは、その車体の大きさから運転が難しい、というイメージを持っている方も多いでしょう。

 

確かに、軽やコンパクトカーからの乗り換えの場合、距離感・サイズ感をしっかりと掴むまでに多少の時間が必要かもしれません。

 

しかし、ハイエースの場合、フロント窓が非常に広く、死角も少ないことから、あまりこのサイズの車の運転に慣れていない方でも楽に運転することができるようになっています。

 

 

乗り心地はやっぱりイマイチ?

昔に比べると、乗用車として使用されることが多くなったことから、乗り心地は改善されたと言われます。

 

しかし、同じトヨタ車でもヴェルファイアやアルファードはもちろんのこと、ミドルクラスのノアやヴォクシーと比較しても、あまり乗り心地は良いとは言えません。

 

シートがふわふわしていて安定感がない、振動やエンジン音が気になる、といった声が良く聞かれます。

 

 

ハイエースの燃費はどのくらい?

そして燃費の点は、残念ながらまりよくありません。

 

カタログ燃費では9.1〜11.4km/l(JC08となっています。
実際の燃費はカタログ値の60〜80%と言われているので、7〜9km/l位になるでしょう。

 

燃費を気にされる方には、残念ながらあまりおすすめできません。

 

 

一番盗難されやすい車?盗難防止をオプションに

 

ハイエースは「耐久性がある」「部品の凡庸性が高い」など理由で一番盗難されやすい車です。

 

2012年からイモビライザーが標準装備になり盗難もかなり減ったようです。

 

とはいえ、やはり盗難防止対策はしておいたほうが良いでしょう。

 

ハンドルロックやタイヤ固定ロック、社外セキュリティーなど考えてもいいでしょう。

 

厳重に防犯対策をしている人と、特に何もしていない人に別れるようです。
ただ、盗られてからでは遅いので、できることはしておいてあとはしっかり車両保険に入ることでしょう。

 

 

ハイエースの価格をチェック!グレード一覧

 

ハイエースの価格帯は293.0万円〜348.8万円です。
グレードがいろいろあるので、好みや予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

乗り出し価格は、車両費用にオプションと諸費用がかかります。
オプションはなにをつけるかによって変わってきますが、最低でも20万くらいは見ておきましょう。

 

カスタムも考えると、結構お金がかかりそうですね。

 

諸費用は30万くらいかかります。

 

ですので、車両価格+50万円は考えておきましょう。

 

 

ハイエースの値引き相場と交渉術

 

ハイエースの値引き相場は20〜25万円です。

 

意外と値引きは渋く強気のディーラーが多いようです。

 

交渉のポイントとしては、ライバルの日産NV350との競合が良いでしょう。
経営資本の異なるディーラーがあるならハイエース同士の競合も効果的です。

 

オプションをたっぷり付けて、交渉がうまく行けば35万円以上の値引きも可能。

 

燃費や乗り心地はイマイチですが、室内も広く様々な用途に使えます。
室内の装備を充実させれば、子どもと一緒にキャンプや釣りなどアウトドアなどでも大活躍!

 

長く乗れて便利な車になるのではないでしょうか。

 


 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link