実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

車の維持費ってどんだけかかるの?

車を持っているとなにかとお金がかかりますよね。

 

ガソリン代だけでなく保険に車検、税金。

 

さらに故障させないためのメンテナンス費用や冬仕様タイヤの購入など、意識してみると車に関する出費は本当に多いですね。

 

車を持っている以上ある程度仕方のない出費ですが、家計を考えると抑えたいなと思いませんか?

 

そこで出費を抑えるためにもまずは、車を維持するために必要な費用について知っておきましょう。

 

知っておけば車を購入するときの決め手になるかもしれません。

 

 

 

気になる税金や車検、保険、タイプ別でどう違う?

ではまず車検や税金、保険といった車を乗るうえでは欠かせない費用をタイプ別に比べてみましょう。

 

日本では車の税金の区分は軽自動車より大きなものについては排気量によってわけられています。

 

ここでは毎年課税される、自動車税について紹介しましょう。

 

 

自動車税

軽自動車(排気量660cc以下):10,800円(タント、ハスラーなど)
排気量〜1,000cc以下:29,500円(パッソ、ヴィッツなど)
排気量1,000cc超〜1,500t以下:34,500円(アクア、ソリオバンディットなど)
排気量1,500t超〜2,000t以下:39,500円(ヴォクシー、プリウスなど)

 

 

車検

 

車検にかかる費用のなかにも、税金が一部含まれているため排気量によって金額が違います。

 

それらの費用のことを法定費用と呼んでいて、車の大きさが変わらない限り、この金額は変わりません。

 

そしてそこへ安全に走るために必要な条件を満たしていない場合、整備費用や部品代が上乗せされます。

 

ディーラーや修理工場などの車検の費用が違ってくるのは、この整備費用の違いなのです。

 

ではまず、法定費用について紹介します。

 

 

車検の法定費用

軽自動車:36,570円(自賠責保険:26,370円、重量税8,800円、印紙代1,400円)
排気量〜1,000t:54,740円(自賠責保険27,840円、重量税25,200円、印紙代1,700円)
排気量〜1,500t:67,340円(自賠責保険27,840円、重量税37,800円、印紙代1,700円)
排気量〜2,000t:79,940円(自賠責保険27,840円、重量税50,400円、印紙代1,700円)
※排気量〜1,500t、〜2,000tに関しては5ナンバー車で算出

 

 

このようになっています。

 

 

ただこの金額は購入から18年以上たった、エコカー対応を一切していない車に対してです。

 

なので最近車を購入した人や、18年以上たっていない場合はこれよりも安くなります。

 

とはいえ最高でこの程度かかる、と知っておけば実際に車検の際に慌てることはないですね。

 

しかし車検費用はこれだけではありません。

 

これに整備費用などが上乗せされます。

 

ディーラーや民間の車検場などに持ち込んだ場合の、プラスされる金額の目安はこちら。

 

 

・ディーラー:法定費用+40,000円〜100,000円
・フランチャイズ車検:法定費用+25,000円〜80,000円
・ユーザー車検:法定費用+0円
・ガソリンスタンド車検:法定費用20,000円〜60,000円
・民間整備工場:法定費用+25,000円〜80,000円

 

持ち込む場所によって大きくプラスされる費用が違いますね。

 

ディーラーに持ち込むと高額になりますが交換するときに使う部品も純正を使いますし、安全性の面からの信頼度は高いです。

 

安いところの場合は純正を使わずに安い部品を使ったりして費用を浮かせることもありますので、どこに持ち込むかは非常に重要になります。

 

 

任意保険

次は万が一事故を起こしたときや思わぬトラブルに見舞われたときでも安心の、任意保険について。

 

保険に関しては車の大きさだけでなくドライバーの年代や持っている免許の種類、車に乗る頻度、年間走行距離などによって大きく異なります。

 

相場としては排気量が2,000tまでの乗用車で年間走行距離が10,000キロ以下ならば大体6万円前後が目安となるようです。

 

ただ通勤や仕事で使っている、という場合はもう少し高くなるようです。

 

任意保険に関してはドライバーの年代や補償内容が金額を左右するカギとなるようですので、予算をまず決めて、その範囲内でいちばん条件のいい保険会社を選ぶのがおすすめです。

 

インターネットを利用すれば一気に10社以上の見積もりを比べることができるサイトも多いので、ぜひ活用してください。

 

 

 

購入してからの年数も維持費には大きく影響する!

車検費用や税金に関しては法律で決められているものなので車を持っている以上は仕方のない出費ですが、ガソリン代やメンテナンス費用は今乗っている車の状態によって大きく異なります。

 

 

 

たとえば購入してから5年しかたっていない車と、10年たっている車を比べるとやはり10年を過ぎているものの方が経年劣化で燃費も落ちていますしエンジンオイルの交換といったメンテナンスも必要です。

 

そのため5年ぐらいの車と比べると、維持費は高くつく、ということになります。

 

簡単に計算してみるとガソリン代が120円/L、年間走行距離が10,000キロだった場合、燃費が2km/L落ちるだけで約1万円もガソリン代が違ってきます。

 

なのでできるだけ燃費を落とさないよう、タイヤの空気圧のチェックやバランスの調整など、小まめなメンテナンスが重要ですね。

 

またある程度の年数乗ったら買い替える、ということを考えてもいいかもしれません。

 

最近の車はエコカーと指定されているものばかりなので購入した際に発生する取得税はもちろん、重量税や自動車税も安く設定されています。

 

一時的な出費は大きいですが長い目で見ると10年以上前の税金も高く、燃費も悪い車よりは買い替えたほうがお得になることもあるかもしれませんよ。

 

 

 

車の維持費は乗っている以上、永遠に発生します。

 

賢く維持費を抑えたいなら小まめなメンテナンスと、思い切る勇気が大事なのかもしれないですね。

 


 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link