実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

セレナってファミリーカーとしてどうなの?

価格 ガソリン車:224.6万円〜252.7万円

ハイブリッド車:245.2万円〜351.7万円

燃費(JC08) ガソリン車:12.6〜13.8km/l

ハイブリッド車:15.4〜16.0km/l

サイズ

(全長×全幅×全高)

4685×1695×1,875(mm)

 

日産の定番ミニバンとして、何度もモデルチェンジを繰り返しながら長期にわたって愛され続けているのがニッサンのセレナです。
日本でもっとも有名なミニバンと言ってしまっても過言ではないでしょう。

 

 

さまざまな用途で活躍してくれるセレナですが、ファミリーカーとしても非常に高い人気を集めています。

 

 

 

落ち着いたデザインも人気の秘密?

画像提供元:http://www2.nissan.co.jp/SERENA/

 

ライバルであるトヨタがミニバンにはややいかつくて男性的なイメージを全面的に押し出しているのに対して、セレナは落ち着いたデザインを採用しています。

 

人によってはあか抜けない、という印象を抱いてしまうかもしれませんが、このデザインによって乗る人を選ばず、どんな場面でも快適なドライブを楽しむことができるでしょう。

 

ミニバンと言えば、男性向けというイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、セレナは落ち着いた優しいデザインのおかげで女性の間でも高い人気を集めています。
まさに、家族全員で愛することのできるミニバンと言えます。

 

 

室内空間が広く、豊富なシートアレンジが可能

多くのミニバンに共通する点ではありますが、室内空間が非常に広く、のびのびとドライブを楽しむことができる、という点が人気の秘密となっています。

 

また、その広い車内をフルに活かすために、豊富なシートアレンジが可能となっています。
各シートの位置の調整やリクライニングはもちろんのこと、フラットしたり、シートを収納することも可能ですので、大型の荷物を積み込んだり、車中泊をすることだってできます。

 

セレナはスマートマルチセンターシートというのがあって、助手席と運転席の間から2列目シートまで可動します。
これは、ヴォクシーやステップワゴンにない装備の一つです。

 

セレナの口コミ評価。実燃費や値引き相場も

 

2列目に3人乗って運転席側からはウォークスルー。
2列目を2人乗りにして3列目までウォークスルーなど、用途によって選べます。

 

 

3列目シートは跳ね上げ式で収納が可能。ラゲッジスペースが広く使えて自転車も楽々積めますよ。

 

 

シートアレンジについては、ミニバン同士を比べるとそこまで大きな違いはないでしょう。

 

ただ、新型ヴォクシー(ノア・エスクァイアも同様)は2列目のスライド幅がグーンと伸びてかなりゆったり座れる設計のようです。

 

→ヴォクシーの詳細はこちら

 

 

シートアレンジは、実際に見に行っていじってみると良いでしょう。

 

どの車も同じだろ!?

 

と思っていましたが、ちょっとした違いがあって好みが別れるでしょう!

 

 

3列目シートの乗り心地も抜群

セレナに関する口コミの中でも、とても多いのが、乗り心地の良さです。

 

振動も少なく、シートもしっかりとしていますので、長時間のドライブでも疲れてしまうことはないでしょう。
車酔いをしにくい、という声もよく聞かれます。

 

 

また、ミニバンの中では2列目のシートまでは乗り心地がよくても3列目がイマイチ…というケースも少なくありません。

 

しかし、セレナの場合、3列目シートの乗り心地にもしっかりとこだわって設計されていますので、どの席に座っても、快適に過ごすことができるのです。

 

 

ミニバンとは思えないパワフルな走り

どうしても車重が重く、背が高くなってしまうことから、走りの面にはそれほど期待していない、という方も多いでしょう。

 

しかし、セレナはミニバンとは思えないほどのパワフルな走りを実現しています。
もちろん、高速道路走行時などでもブレることはありませんし、風の強い日であっても安定して走行することができます。

 

ミニバンの走りに不満を抱いている方にも、一度試していただきたい一台です。

 

 

S-ハイブリッドの実力?燃費はどう?

セレナの口コミ評価。実燃費や値引き相場も

 

セレナはガソリンタイプとS-ハイブリッドがあります。

 

S-ハイブリッドってどうなの?
という疑問と期待を持っている方もいるかもしれませんが、あまり期待してはいけません!

 

ハイブリッドと名前はついていますが、トヨタのハイブリッドシステムとは違い、モーター走行はできません。

 

発進時のモーターアシストを行う程度で、いわばスズキのS-エネチャージ(マイルドハイブリッド)と同様のシステムです。

 

「こんなんでハイブリッドって名前をつけるな!」

 

という厳しい意見もあるようです。

 

 

とはいえ、通常のガソリン車よりも燃費はいいですし、通常のハイブリッド車よりも価格が安いというメリットも有ります。

 

ま、大きな違いはないですし、ほとんどのグレードがS-ハイブリッドなのでどっちにしようか悩むこともほぼ無いでしょう・・。

 

 

実際の燃費はどうなの?

S-ハイブリッド車のカタログ燃費は15.4〜16km/lです。
ガソリン車が12.6〜13.8km/lなので、S-ハイブリッドのほうがちょっとは燃費がいいですね。

 

ただ、他のミニバンと比較して燃費は良いとはいえません。

 

ヴォクシーやステップワゴンのガソリン車と比較するとその差は歴然!

ヴォクシー・・・14.6〜16.0km/l
ステップワゴン・・・15〜17.0km/l

 

 

S-ハイブリッドシステムで他のガソリン車と同等の燃費です。

 

 

では、実燃費はどうなのかというと・・・、S-ハイブリッドが9〜13km/l、ガソリン車が7〜10km/lほどです。

 

ミニバンに燃費は期待してはいけませんが、10キロを切るのはちょっと寂しいですね。

 

 

ただ、これには理由があります。
他のミニバンは最近フルモデルチェンジをしていますが、セレナは2010年以降2013年にビッグマイナーチェンジをしただけです。

 

2016年にフルモデルチェンジを予定しているので、今後に期待です!

 

 

 

 

視野性に優れた設計のおかげで運転も楽々

ミニバンサイズになると、あまり運転に自信がない、という方も少なくありません。

 

特に、これからお子様の誕生に供えて、軽やコンパクトカーからの乗り換えを検討している方の中には、こんなに大きな車を運転することができるのか、という点を不安に感じていることも多いようです。

 

 

セレナでは、フロントのガラスが少し下がった設計となっていることから、一般的なミニバンよりも視野性に優れています。

セレナの口コミ評価。実燃費や値引き相場も

 

死角があまりありませんし、ミラーも見やすくなっていますので、コンパクトな車から乗り替えた方でも、安心して運転することができるでしょう。

 

 

コストパフォーマンスも抜群!

ファミリーカーとして、とても魅力的な要素をしっかりと押さえたセレナですが、価格が不安、という方も少なくないでしょう。

 

セレナはコストパフォーマンスが非常に高いミニバンとしても高い人気を集めています。

 

グレードがたくさんあって予算別に選べるのも嬉しいですね!

 

グレードの一覧と価格をまとめたので参考にしてください。

 

セレナのグレード価格一覧表

 

グレード

価格

燃費

20S 228.5万円〜 13.8km/l
20X 245.2万円〜 16.0km/l(S-ハイブリッド)
20X Vセレクション+Safety 250.6万円〜 15.4km/l(S-ハイブリッド)
20G 276.4万円〜 15.4km/l(S-ハイブリッド)
ハイウェイスター Sエディション 239.8万円〜 13.8km/l
ハイウェイスター 264.1万円〜 16.0km/l(S-ハイブリッド)
ハイウェイスター Vセレクション+Safety 272.1万円〜 15.4km/l(S-ハイブリッド)
ハイウェイスター Vセレクション+SafetyU 279.9万円〜 15.4km/l(S-ハイブリッド)
ハイウェイスターG 292.2万円〜 15.4km/l(S-ハイブリッド)
ライダー 299.7万円〜  
ライダーブラックライン 306.1万円〜  
ライダーブラックラインZZ 329.0万円〜  

 

グレードごとの違いは装備です。

 

シートやステアリングが本革かウレタンか。
エアロが付いているかついていないか。
LEDかハロゲンか。

 

などなど。

 

詳しい装備はカタログや店頭で聞いてみてください。

 

 

セレナの値引き相場はいくら?安く買うために交渉しよう

セレナはモデル末期ということもあり、大幅値引きが可能です!

 

相場は30万!

 

ヴォクシーやノア、ステップワゴンを競合にしてぶつけていけば値引き額も上がっていくでしょう。

 

値引きは地域やディーラー、次期にもよりますが、上手くハマれば総額から40万円以上の値引きも可能です。

 

焦らずじっくり交渉をして安く買いましょう。
車は値引き交渉しなければはっきり言って損です!

 

苦手な方も
「値引きはどのくらいできますか?」
「ヴォクシーと迷っているんです」
「僕はステップワゴンが良いのですが妻がセレナを気に入っていて・・・」
「予算が限られているので、条件が良いところで買おうと思っています」

 

など、ちょっとだけでも交渉してみてください。

 

交渉は駆け引きなので、押したり引いたりやっていけば40万まではいかなくても、結構引いてくれますよ。

 


 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link