実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

シエンタってぶっちゃけどうなの?

価格 ガソリン車:168.9万円〜198.0万円

ハイブリッド車:222.6万円〜232.9万円

燃費(JC08) ガソリン車:15.4〜20.6km/l

ハイブリッド車:27.2km/l

サイズ

(全長×全幅×全高)

4,235×1,695×1,675(mm)

 

あまり車に興味のない人から見れば、ミニバンはすべて同じように見えてしまうかもしれません。
車内の広さや安全性を十分に確保しなければなりませんので、どうしてもデザインは似てきますので、これは仕方のないことでしょう。

 

そんなミニバンの中でも個性的なデザインを採用することによって、注目を集めているのがトヨタのシエンタです。

 

ノアやヴォクシーよりもワングレード下ですので、価格も安く子供が1〜2人なら最適のミニバンではないかと思います。

 

実際に購入した方の口コミを元にどこが良くてどこが悪いのかを検証していきます。

 

私も試乗してきましたが、かなり良い感じでしたよ。

 

 

個性的で質感高いデザイン

一般的なミニバンとはまったく違ったスタイルとなっていますので、思わず一目ぼれしてしまった、という方も少なくありません。

 

一般的なミニバンよりも、ややコンパクトでスマートなシルエットとなっていますので、よりスポーティな印象を受けます。

 

画像やCMを見ると「え!?なんかダサくない?」と感じる人も多いようですが、実物を見ると印象がガラッと変わります。

 

個性的なデザインではありますが、とても質感が高く、まったく安っぽさを感じることはありません。

 

 

 

モデルチェンジでさらに乗り心地が向上

一般的なミニバンよりもややサイズがコンパクトであることから、以前のモデルでは3列目シートなどの乗り心地がイマイチ、といった声が聞かれていました。

 

しかし、モデルチェンジによって、シートが改善されることによって、すべての座席での乗り心地はさらに向上しています。

 

元々、しっかりとした作りになっていますので、揺れも少なく、遮音性が高いことに定評のあったシエンタですので、乗り心地はミニバンでも最高クラスとなっています。

 

とは言え、やはりそれなりです。

 

ヴォクシーなどの比べると3列目の狭さは仕方ないと思います。

 

シエンタを選ぶなら、3列目は非常時用として、基本的には2列目までを仕様した方がいいでしょう。

 

 

 

こだわり抜かれたインテリア


外装だけでなく、内装にもしっかりとこだわっています。

 

さまざまな場所に便利な収納を採用するなど、機能的な面だけでなく、まるで高級車のような高い質感を実現しています。

 

全体的に、落ち着いたシンプルなものとなっていますので、男女や年代を問わず、落ち着いた気分でドライブを楽しむことができるでしょう。

 

ちなみにシートの素材はファブリックで、革はありません。
防水仕様にもなっていないので、子供が飲み物をこぼしてシミになることもあるかもしれません。
(うちの車もファブリックでシミだらけ・・・)

 

積載量はどう?

 

シエンタは3列目が収納タイプになっています。
ヴォクシー、ノアは跳ね上げ式で、どちらが良いかは好みかと思いますが、私は視界の邪魔にならない収納式が好きです。

 

ただ、収納式だと床下収納がないのが残念ですが・・・。

 

どういう形にせよ、3列目を収納すればラゲッジスペースはかなり広くなります。

 

家族でキャンプなども楽しめそうですね!

 

子供用の自転車も積むことができますよ!
2列目の1つを倒せば27インチ自転車も積むことができるでしょう。

 

 

小回りのきくミニバン

サイズがやや小さいことから、一般的なミニバンよりもかなり小回りがききますので、あまり大きな車の運転になれていない、という方でも安心です。

 

最小小回り半径は5.2m。
ちなみにヴォクシーは5.5m、スペイドは5.0mです。

 

初めてミニバンに乗る方は小回り半径に戸惑う方も多いでしょう。
特に運転の苦手な女性は大きなミニバンは運転しにくいと感じるでしょう。

 

シエンタもコンパクトカーほど取り回しは良くないですが、ミニバンの中では運転しやすいはずです。

 

また、新型シエンタでは床の低い設計となっていますので、お子様やお年寄りでも楽に乗り込めるようになっている、という点もファミリーカーという視点から考えると、とてもうれしいポイントの一つでしょう。

 

 

ミニバン最高クラスの低燃費

シエンタの燃費はカタログ上でガソリン車が20.2〜20.6km/l、ハイブリッド車が27.2km/lとなっています。

 

よりサイズの小さいホンダのフリード以上の低燃費を実現していることを考えると、かなりの低燃費を実現していると言えるでしょう。

 

 

実燃費でもガソリン車で12〜16km/l、ハイブリッド車で16〜21km/lくらいになります。
ミニバンでこの燃費はかなりいいです。

 

ちなみに、ライバルであるフリードはガソリン車が13.2〜16.6km/l、ハイブリッド車が21.6km/l(JC08)です。
かなりの差がついてしまいましたね!

 

 

車の維持費でガソリン代は結構大きいので、燃費がいいのは嬉しいですね!

 

ミニバンへの乗り換えを検討しているものの、燃費が心配で一歩を踏み出すことができない、という方にも自信を持っておすすめすることのできる一台です。

 

 

シエンタの値引き相場は?

現在の値引き相場は18万円程度です。

 

オプション値引きも含めて20万円を超えれば合格!

 

ただ、中には25万円〜30万円値引きに成功したという猛者もいます。

 

シエンタはトヨタ4店舗で販売されています。
4店舗の中でもネッツ店とカローラ店を競合させるのが効果的です。

 

また、ライバルであるホンダフリードとの競合も効果的です。

 

うまく交渉してお得に買っちゃいましょう!

 

 


 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link