実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

スライドドアって本当に必要なんだろうか?

子育て中のママの多くが絶対便利!
と口をそろえるのがスライドドア。

 

とくに小さな子どものママたちは、車を選ぶ基準としてスライドドア付きを絶対条件にしている人もいるそうです。

 

どうしてスライドドアがこんなにも子育て中のママに支持されるのでしょうか?メリット、デメリットについて考えてみます。

 

 

スライドドアのメリット、デメリットは?

ミニバンタイプなど、比較的大きめな車の後部座席に搭載されるスライドドア。

 

最近は強い声にこたえるかたちで、コンパクトカーや軽自動車にも続々と搭載されていますね。
なかには電動スライドドアを標準装備している軽自動車やコンパクトカーもあり、とても人気があります。

 

メリット

では、まずメリットから見ていきましょう。

 

  • 開け閉めに必要なスペースが小さい
  • 開口部が広いのでチャイルドシートに乗せやすい
  • 安全性が高い
  • 室内が広い

 

 

スライドドアのメリットは、やはり開け閉めに必要なスペースがコンパクトなこと。

 

一般的なヒンジドアだと、どうしても子どもが乗り降りするときや、チャイルドシートを利用するときは大きく開かなければなりませんね。

 

広い場所なら気になりませんが、狭い駐車場や隣に車がとまっていると不便でしょう。

 

自分でドアを開けられるようになると、隣の車のことなんかお構いなしにおもいっきり開けますからね。
ガツン!なんてことになったら大変です。

 

スライドドアなら周囲を気にせず子どもを乗り降りさせることが可能です。

 

 

さらに安全性の面からもヒンジドアに比べると優秀です。

 

ヒンジドアの場合、閉めるときに勢いを付けなければいけないのでうっかり子どもの指を挟んでしまう危険があります。

 

しかも勢いがついているので途中で止めることも難しく、ケガも重傷になりやすいですね。

 

少し前までのスライドドアなら勢いを付けなければ半ドアになりやすかったので逆に危険でした。

 

でも、最近のスライドドアはパワースライドドア搭載車が増えて、自動で開閉できます。
パワースライドドアでなくても、勢い良く締めなくても半ドアになりません。

 

ですので、ケガの危険性はかなり低くなっています

 

 

また子どもがある程度大きくなったときもスライドドアは活躍してくれます。

 

電動スライドドアなら運転席から操作が可能ですので、送り迎えのときも便利ですね。

 

小学生ぐらいならまだ腕力がなく、上手に開閉できないこともありますので、わざわざ運転席を離れなくても開閉できると嬉しいのではないでしょうか。

 

うちもスライドドアの車(セレナ)に乗っています。
片側のみパワースライドドアなんですが、小学2年生の男の子でようやく手動のドアを開けられるようになりました。

 

運転席からボタン一つで開閉できるのはかなり楽です。

 

ただ、いつも親が開け閉めしていると、自分でやらなくなるというデメリットもありますけど・・・。

 

 

デメリット

色々なメリットがありますが、良い所だけじゃありません。
スライドドアのデメリットも見ていきましょう。

 

  • 手動だと開け閉めが大変なことも
  • 故障時に修理代がかかる
  • 車重が重くなるので燃費に影響する
  • 価格が高め

 

 

まずいちばんは手動のスライドドアの場合、坂道などでは重くて開けにくいということ。
手動の場合、少しの坂道でも驚くほど重たくなりますね。

 

そして、閉める時もかなり勢い良く閉まるのでちょっと危険です。
メリットのところで安全性が高いと話しましたが坂道だと話が別になります。

 

この辺りは両側パワースライドドアにすれば問題解決です!
ちょっとお金はかかりますが、利便性や安全面を考えたら両側スライドドアのほうが良いかもしれませんね。

 

 

そしてもうひとつが電動スライドドアが故障すると、修理に時間もお金もかかるということです。
電動の場合は故障したときが何よりのデメリットといえますね。

 

そんなに故障するものではないですが、もしものときは大変です。
我が家はスライドドア歴5年ですが、故障はまだしていません。

 

 

故障とは違いますが、事故を起こした時に逃げられないのでは?という声もあります。
確かに、事故を起こしたらドアが開かなくなりますね。

 

でも、それはヒンジドアでも一緒かな?とも思いますがどうなんでしょう・・・。

 

 

あと、スライドドアはヒンジドアよりも重いので車重が重くなってしまいます。
そのため、燃費がちょっと悪いです。

 

 

またヒンジドアのみの車と比べると、スライドドア搭載の車は全体的に価格が高めです。
両側を電動スライドドアにするとなるとオプションでつけなければならないことも多いので、予算が決まっているときはデメリットといえるでしょう。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

子育て中なら、やっぱりスライドドアがおすすめ!

このようにスライドドアにはメリット、デメリットありますが、基本的には子育て中で頻繁にチャイルドシートを利用するのであれば、やはりスライドドアがおすすめ。

 

より便利さを追求するなら、電動スライドドアを選びましょう。

 

 

電動スライドドアなら子どもをだっこしたままや荷物で両手がふさがっていても簡単に開閉できますし、強い力も必要ありません。

 

また車を降りるとき、子どもが急にドアを開けても隣の車にぶつける心配もないのも嬉しいですね。

 

とくに小さな子どもだとはやく降りたい、という気持ちで思わず力いっぱいドアを開けてしまうこともあります。

 

ぶつけてしまったあとに後悔するよりは、多少割高でもスライドドアがついている車を選ぶようにしましょう。

 

何百回と乗り降りするなか、いちいち「ゆっくりね!」と声をかけるのもやっぱり大変ですよね。
細かいことですがもしぶつけたら、を考えてしまうと結構ストレスにもなります。

 

せっかく子どもと車で外出するのですから、ストレスがないにこしたことはないですよね。

 

 

スライドドアを実際に使っている親御さんからも、やはり使いやすいという声が圧倒的のようです。
車であっても子育て中の外出は荷物も多くなりがちですし、チャイルドシートに乗り降りさせたりで手間がかかります。
スライドドアを取り入れて、快適な外出にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

スライドドアでおすすめの車は?

では、スライドドアでおすすめの車は何があるのでしょうか?

 

予算やサイズによって変わってきますが、最近は軽自動車、コンパクトカー、ミニバンといろいろそろっています。

 

それぞれの人気車種を紹介しましょう。

 

軽自動車

 

ホンダ N-BOX
価格:1,270,000円〜1,859,400円
燃費:21.4〜25.6

 

 

ダイハツ タント
価格:1,220,400円〜1,873,800円
燃費:26.0〜28.0km/l

 

スズキ スペーシア
価格:1,274,400円〜1,686,960円
燃費:25.6〜32.0km/l

 

日産 デイズルークス
価格:1,337,040円〜2,093,040円
燃費:24.0〜26.2km/l

 

 

コンパクトカー

 

スズキ ソリオ
価格:1,454,760円〜2,027,160円
燃費:22.0〜27.8km/l

 

トヨタ スペイド・ポルテ
価格:1,635,709円〜1,861,527円
燃費:16.0〜22.2km/l

 

ホンダ フリードスパイク
価格:1,746,000円〜2,352,600円
燃費:13.2〜16.6km/l

 

 

ミニバン

 

トヨタ シエンタ
価格:1,689,709円〜2,329,855円
燃費:15.4〜27.2km/l

 

トヨタ ヴォクシー・ノア・エスクァイア
価格:2,273,143円〜3,204,000円
燃費:14.6〜23.8km/l

 

トヨタ アルファード・ヴェルファイア
価格:3,197,782円〜7,036,691円
燃費:9.5〜19.4km/l

 

日産 セレナ
価格:2,246,400円〜2,527,200円
燃費:12.6〜13.8km/l

 

ホンダ ステップワゴン
価格:2,288,000円〜3,081,400円
燃費:15.0〜17.0km/l

 

 

 

 

予算に応じて何台か候補を見つけて試乗に出かけてみましょう。

 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link