実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

新型ステップワゴンってどうなの?

価格 ガソリン車:228.8万円〜308.1万円

ハイブリッド車:-

燃費(JC08) ガソリン車:15.0〜17.0km/l

ハイブリッド車:-

サイズ

(全長×全幅×全高)

4,735×1,695×1840(mm)

 

2015年の4月にフルモデルチェンジをしたばかりのホンダのステップワゴン。
ホンダといえば、コンパクトカーや軽がとても高い人気をあつめていますので、ミニバンのイメージはあまりない、という方も多いかもしれません。

 

そんな中でもこのステップワゴンはファミリーカーとして、とても高い人気を集めています

 

 

モデルチェンジでダウンサイジング!

従来のステップワゴンは2000cc仕様となっていましたが、今回のモデルチェンジによって1500ccへとダウンサイジングされました。

 

維持費などを考えるとうれしいポイントではありますが、走りの面が不安…という方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、そんな心配をする必要はまったくありません。
ターボを採用することによって、2,400cc並のパワーを実現したとか。

 

しかし、ターボを搭載、となれば今度は燃費が心配になってしまうのではありませんか?
この点に関しても一切心配する必要はありません。

 

なんとその燃費は17km/lとなっています。
S-ハイブリッド仕様の日産セレナでも、16km/lですので、ガソリン車としては驚異的な低燃費であると言えるでしょう。

 

本格的なハイブリッドシステムであるトヨタのヴォクシーの23.8km/l(JC08)には負けていますが、その点は今後出てくるハイブリッドモデルへ期待しましょう。

 

 

 

振動も少なく、とても静かなエンジン

ステップワゴンで採用されている1.5lターボエンジンの売りは低燃費でありながら十分なパワーを発揮することができる、という点だけではありません。

 

振動も少なく、とても静かであることも大きな特徴の一つとなっています。

 

静粛性が優れているというのは、車の中での会話が弾むということ!

 

運転席と後部席で話をしていると
「え!?なんだって?」
と聞き返すこともしばしば・・。

 

新型ステップワゴンは静粛性がとても高くなっているので運転席と3列目でも会話がしやすいでしょう。

 

 

クラス最大級の車内の広さをもっと生かせるわくわくゲート

今回のフルモデルチェンジの目玉の一つとなっているのが、わくわくゲートです。
なんと、テールゲートを従来の縦開きだけでなく、横開きにもできるようにしたものとなっています。

 

後ろのスペースが狭く、縦開きではテールゲートを開くことができない…
ミニバンユーザーの方であれば、一度はそんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?

 

横開きもすることができれば、もう、そんな失敗をしてしまうことはありません。

 

 

また、縦開きの場合、身長のあまり高くない方の場合、開閉の際に苦労することもあるでしょう。
横開きであれば、この問題も解消することができます。

 

 

縦でも横でも、自由なスタイルで開閉することができるようになったことで、クラス最大レベルの広い車内をさらに活かすことができるようになった、と言えるでしょう。

 

 

シンプルなデザインも人気の秘密

機能面でもとても魅力的なステップワゴンですが、とてもシンプルなデザインも人気の秘密となっています。

 

特に、フロントビューのすっきりとしたデザインは幅広い層の方に愛される洗練されたものに仕上がっています。

 

また、以前のモデルよりもやや角ばったスタイルになったことで、よりしっかりとした印象も与えられます。

 

 

もちろん、内装のデザインも同様にシンプルで上品なものとなっています。
さらに、リアシートには簡易テーブルなども備え付けられていますので、デザイン性だけでなく、機能性も抜群です。

 

 

安全支援装備も充実!

新型のステップワゴンでは、安全支援装備もしっかりと備えられています。
新安全性能総合評価で最高評価の5つ星を獲得しています。

 

衝突安全設計ボディに、横滑り防止のVSA、サイドバック、サイドカーテンエアバックなどなど子供を安心して乗せるための装備が充実。

 

またオプションではありますが、、緊急時にブレーキを作動させてくれる「衝突軽減ブレーキ」もあります。
壁や他の車だけでなく、歩行者にも反応するようになっていますので、万が一の事故を回避することが可能です。

 

また、一定の速度での走行を、ペダルの調整無しで実現してくれる「アダクティブ・クルーズ・コントロール」も、運転の際の疲労を軽減してくれるポイントの一つとなっています。

 

 

ステップワゴンとスパーダの違い

ステップワゴンには「ステップワゴン」と「ステップワゴンスパーダ」という2つのタイプがあります。

 

ステップワゴンのクチコミ評価。値引き情報も!
↑こちらが標準のステップワゴン

 

ステップワゴンのクチコミ評価。値引き情報も!
↑こちらがステップワゴンスパーダ

 

 

スパーダとの違いはデザインです。

 

スパーダは全てにこだわりを詰め込んだ上級モデルです。

 

インテリアは黒を基調にクールな印象を与えてくれます。
また、スパーダ専用装備として、エアロやLEDアクセサリーランプなどの外観装備も充実しています。

 

他にも、ホイールサイズが17インチなので、乗り心地も変わってくるかもしれません。
この辺りは試乗して乗り比べて見るのが一番ですね!

 

スパーダは上級モデルであるがゆえに価格も上級です。
グレードごとの価格一覧表を作ったので参考にしてください。

 

ステップワゴンのグレード一覧

グレード 燃費 価格
SPADA Cool spirit 15.4km/l 288.7万円〜
SPADA 16.0km/l 272.5万円
G・EX 16.2km/l 258.8万円〜
G 17km/l 248万円〜
B 17km/l 228.8万円〜

 

価格差は、装備の充実度なのでどの装備が必要でどの装備が不要なのかしっかり決めておいたほうがいいでしょう。
上級装備をみると欲しくなっちゃいますが、やはり予算もありますからね・・・。

 

 

ステップワゴンの値引き相場はいくら?

ステップワゴンの値引き相場は25〜30万円です。

 

モデルチェンジから時間がたったので値引きも徐々に落ち着いてきました。

 

値引交渉は、ヴォクシーやノアなどのライバル車との競合が効果的です。

 

同じ5ナンバーミニバンである、ノア・ヴォクシー・セレナなどと競合させましょう。
スパーダならエスクァイアも良いかもしれません。

 

同クラスではやはりトヨタが圧倒的に強いので、競合させれば値引きに持っていけると思います。

 

 

上手く交渉できれば、オプションも含めて35万円以上の値引きも可能です。


 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link