実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

SUVはファミリーカーに向いてる?

SUVとはスポーツ・ユーティリティ・ビークルの略で、直訳するとスポーツ用の多目的自動車とうことみたいです。

 

簡単にいえばスポーツ向けだけど、街中を走ったりもできる自動車ということですね。

 

そのためオフロードや雪道など、悪路でも一般的な乗用車と比べると走りやすくなっています。

 

ですがファミリーカーとしてみてみると、実際のところ向いているのか、はたまたいないのか。

 

メリットデメリットも含め、検証してみましょう。

 

 

SUVのメリットデメリット

SUVをファミリーカーとして使いたいけどどうなの?
という方に、良い面と悪い面を両方見ていきましょう。

 

 

メリット

  • 見た目がかっこいい
  • 視線が高く運転しやすい
  • 悪路に強く雪道も安心
  • 室内が広くて快適
  • 荷物もたくさん積める

 

SUVのメリットはデザインがかっこいいというところでしょうか。
ミニバンはダサイ!という意見の方も多く、アンチミニバンという方もいます。

 

そんな方々に人気なのがスタイリッシュでかっこいいSUVなんです。
最近はコンパクトSUVも出てきて非常に人気が出てきていますね。

 

また、車高が高く見晴らしがいいため運転しやすいのもメリットの一つ。

 

 

さらに、悪路でも走行しやすいように設計されているため悪路にも強く、雪国ではない地方の思わぬ積雪のときでも比較的安心して乗ることができます。

 

とくに東京など、都会で雪が降り、少しでも積もってしまうと電車などの公共交通機関は軒並みストップしてしまいますね。

 

そんなときでもSUVに乗っていればお子さんを学校まで送り届けることができるため、便利です。

 

 

ほかにも大人数乗れるうえに荷物もしっかり積めますので、家族旅行のときでも活躍してくれます。

 

SUVに乗っている人のなかには趣味がキャンプなどのアウトドア、という人も多いですね。
アクティブな家族が乗るには、ぴったりの車といえます。

 

デメリット

  • 小さい子供には乗り降りが大変
  • スライドドアではない
  • 2列シートが基本(5人乗り)※
  • 維持費が高い

※3列シート7人乗りもあります

 

車高が高いということはそのぶん乗り降りも大変になります。
とくに小さいお子さんや高齢の人が乗るときは、しっかり付き添ってあげなければちょっと怖いくらいです。

 

祖父母も一緒に出かけることが多い家族にとっては、小さなことですが大きなデメリットになりそう。

 

また車高の高さは安定性の悪さにも影響します。
重心が高くなってしまうため横風などであおられやすく、走りの性能も悪くなるよう。

 

そして乗用車と比べれば悪路に強い、といっても完全なオフロード向けの車ではないため、本格的なオフロードを走るには力不足です。

 

それに悪路を安全に走るためにタイヤの交換など、細かなメンテナンスもしなければなりませんので維持費も割高になります。

 

見た目のカッコよさでつい決めてしまうパパも多いそうですが、維持費などトータルのコストをしっかり計算してから購入を決めた方がよさそうですね。

 

 

小さい子供がいるなら、スライドドアがないというのもデメリットになるでしょう。

 

ヒンジドアだと狭い駐車場で隣の車にぶつけてしまうかもしれませんし、一人で開け閉めが結構大変です。

 

また、車内が広いと言ってもミニバンには敵いません。
後部席の広さや快適さはミニバンが一番でしょう。

 

SUVの多くは2列シートで5人乗りです。
後ろは荷物を積めるようになっています。

 

エクストレイルで3列シートなども出ていますが、3列シートは飾りみたいなもので乗り心地も悪く狭いです。

 

5人以上で乗ることが多いならSUVよりもミニバンのほうが適しているでしょう。

 

4人までならSUVも全然大丈夫です。
乗り降りのサポートをしっかりすれば、走りも快適ですしかっこいいので長く乗れる車になること間違いないでしょう。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

人気のSUVランキング

車高が高く迫力があり、デザインもかっこいいタイプが多いSUV。

 

やはり男性ファンが多いようですが、人気の車種をみてみましょう。

 

 

エクストレイル(日産)

 

 

SUVは大きすぎて街中を走るのには不便、という人にはぴったりなのがエクストレイル。
大きすぎないちょうどいいボディなので街中でも不便を感じずに走ることができます。

 

エクストレイルに乗っている人は長距離を走る機会が多い人のよう。
帰省や旅行など、長時間のドライブでも疲れない乗り心地のよさが、人気のひとつとなっているようです。

 

さらに何万キロと走っても衰えない走行性のよさも人気。
5万キロ近く走っても不調がない、という人までいました。

 

帰省や旅行など、家族で長距離を走る機会の多いという人にはぴったりなのではないでしょうか。

 

 

→エクストレイルの詳細はこちら

 

 

ヴェゼル(ホンダ)

 

SUVのなかでも走行性能のよさを重視しているドライバーに人気の車種です。
燃費もいいうえ、急な上り坂でもまったくへこたれないパワフルなエンジンを搭載しています。

 

走れば走るほどエンジンがなじみ、走り心地がよくなる、というところも魅力のよう。
遠出する機会が多い、山道をよく走るという人にはおすすめですね。

 

コンパクトSUVなので、ファミリーとして使うならちょっと狭いかもしれません。

 

→ヴェゼルの詳細はこちら

 

 

ハリアー(トヨタ)

 

高級SUVのハリアー。
販売台数も伸びていて非常に人気があります。

 

外観もかっこいいし内装もおしゃれに仕上がっています。
ガソリン車とハイブリッド車があり、低燃費を実現しています。

 

ただ2列シート5人乗りのヒンジドアなので、小さい子供がいるならあまりおすすめしません。
子供が小さい時はスライドドアのミニバンに乗って、小学生になったらハリアーに!
という乗り換えもありかもしれませんね。

 

 

→ハリアーの詳細はこちら

 

 

 

まとめ

SUVをファミリーカーとして利用するなら、お子さんがある程度大きくなってからがおすすめ

 

チャイルドシートが必須の年齢だとどうしても車内が狭く感じてしまいますし、SUVの魅力を最大限引き出してくれる長距離ドライブもなかなかできないでしょう。

 

小学生、中学生ぐらいになってしっかり自分で旅行やお出かけを楽しむことができるような年齢ならば、ぜひSUVで色々な場所へ連れ出してあげてください。

 

 


 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link

Sponsored Link

SUV人気ランキング記事一覧

価格231.3万円〜325.3万円燃費(JC08)15.6〜20.6km/lサイズ(全長×全幅×全高)4,640×1,820×1,715(mm)SUVの定番として大人気のニッサンエクストレイル。アウトドア好きな若い世代の方の間で大きな支持を集めている一台です。どんな場面でも安定した走行を実現してくれるエクストレイルですが、ファミリーカーとしてはどうなのでしょうか?車内の広さはどうなの?ファミリーカ...

価格193.1万円〜274.6万円燃費(JC08)ガソリン車 19.0〜20.6km/lハイブリッド車 21.6〜27.0km/lサイズ(全長×全幅×全高)4,295×1,770×1,605(mm)ニッサンエクストレイルなどの強力なライバルを抑えて、2014年のSUV国内売り上げNo1に輝いたのがホンダのヴェゼルでした。一般的なSUV車とは一線を画した高級感あふれるデザインに、一目ぼれしてしまった...

価格GS:299.2万円〜389.1万円HV:371.3万円〜459.1万円燃費(JC08)GS:14.8〜16.0km/lHV:21.4〜21.8km/lサイズ(全長×全幅×全高)4,720×1,835×1,690(mm)GS=ガソリン車 HV=ハイブリッド車1997年の発売から20年近くにもわたって人気SUV車として、支持され続けているのがトヨタのハリアーです。高級セダンの乗り心地や快適性を持...