実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

子育て中にヴェルファイアってどうなの?_

価格 ガソリン車:319.8万円〜417.4万円

ハイブリッド車:415.5万円〜484.2万円

燃費(JC08) ガソリン車:9.5〜11.6km/l

ハイブリッド車:18.4〜19.4km/l

サイズ

(全長×全幅×全高)

4930×1,850×1895(mm)

 

最上級クラスのミニバンとして若い層を中心に人気高い人気を集めているのがトヨタのヴェルファイアです。

 

同じくトヨタの最高級ミニバンの定番であるアルファードのデザイン違いの兄弟車にあたります。

 

そのため、アルファードと同様に、あらゆる点で、最上級を目指して設計されていますので、ミニバンとはいえ、立派な高級車と言えるでしょう。

 

そんなヴェルファイアですが、ファミリーカーとしてはどうなのでしょうか?

 

広く上質な室内空間は子供も大満足!

ヴェルファイアはアルファードと同様に、Lサイズのミニバンとなっていますので、同社のノアやヴォクシーなどと比較しても、かなり車内の空間は広くなっています。

 

もちろん、ただ広いだけでなく、シートなどのパーツもすべてアルファードと共に専用設計されたものとなっていますので、乗り心地も、スタンダードクラスのミニバンとは一線を画しています

 

特に後部座席の乗り心地は特筆すべきもので、飛行機のファーストクラスのような気分を味わうことができます。

 

一般的なミニバンのように、3列目シートの乗り心地がイマイチ、なんてこともありません。
どの席に座っても、快適なドライブを楽しむことができるでしょう。

 

 

上質な内装

内装にもこだわっていて、高級感が漂っています。

 

 

シートの色はブラックとフラクセンが選べます。
材質は本革。

 

革なので、子供が飲み物をこぼしてもサッと拭くことができます。

 

また、2列目シートはオットマン付きなので、優雅にくつろぐことができます。
DVDをつければ映画館よりも上質な空間になるでしょう。

 

子供には贅沢すぎですかね(笑)

 

他にも様々な工夫が施してあるのでリビングよりもくつろぐことができるかもしれません。

 

 

 

より若者向けのスポーティなデザイン

ヴェルファイアは、兄弟車のアルファードと比較すると、スポーティなデザインが採用されています。

 

アルファードの場合、40代の方をメインターゲットとしているのに対して、ヴェルファイアはより若い世代に強く訴えかけるデザインが採用されています。

 

 

もちろん、スポーティでありながら、しっかりとした高級感は保たれており、あらゆるミニバンの中でも最高クラスの素晴らしいデザインであると言えるでしょう。

 

 

まさに、「所有するよろこび」を感じさせてくれる一台です。

 

 

Lサイズミニバンとは思えない走行性能

Lサイズのミニバンとなれば、どうしても車重が大きくなってしまいますので、走りはもっさりとしたものとなってしまう傾向にあります。

 

また、左右へ大きく振られてしまう、という点に不満を抱いている方も少なくないでしょう。

 

 

実際にモデルチェンジ前のヴェルファイアでは、走行性能についてはあまり満足することができない、という声も聞かれました。

 

 

しかし、モデルチェンジによって、走行性能も大幅に向上しています。
サスペンションなどの変更によって、高速道路などを走行する際も非常に安定していますし、左右への揺れも改善されました。

 

 

安全性の高さも最上級

安全性能に関してもアルファードと同様に、全座席のエアバックや、パノラミックビューモニター、そしてレーザークルーズコントロールなどの最新の技術が備えられています。

 

大型のミニバンとなると、運転に不安を感じてしまう方も多いかもしれませんが、実際に乗ってみると、あまりの運転のしやすさに驚いてしまうかもしれません。

 

また、トヨタの先進技術である「プリクラッシュセーフティシステム」もしっかり搭載しています。

 

最近は多くの車に付いている自動ブレーキシステムです。
子供を乗せることを考えたら、少しでも事故を回避したり、衝撃を軽減してくれるものはありがたいですね。

 

 

 

燃費はやっぱり期待できない…

ヴェルファイアのような大型ミニバンとなれば、それだけ車重も排気量も大きなものとなってしまいます。

 

そのため、残念ながら燃費の点ではあまり期待することはできません

 

以前のモデルと比較すると、燃費性能が向上した、と言われていますがやはり劇的な低燃費を実現できているわけではありません。

 

 

カタログ値でも、ガソリン車は9.5〜11.6km/l、ハイブリッド車は18.4〜19.4km/lです。

 

実燃費は、ガソリン車は5〜9km/l、ハイブリッド車10〜15km/lです。
ハイブリッド車ならそこそこの燃費ですが、車両価格が高くなってしまうので迷うところです。

 

燃費が10キロ未満だと月間のガソリン代がかなり高くなるので、維持費に家計が圧迫される恐れもあります。

 

子供の学費などを考えたら、無理して買う車じゃないかもしれません・・。

 

 

もっとも、これはLサイズミニバン共通の問題です。
中古なら買える!と思うかもしれませんが、維持費のことも考えて購入しましょう。

 

 

 

やっぱりスタンダードはミニバンと比較すると高い!

ヴェルファイアを新車で購入するとなると、オプションや諸経費などを含めて400万円をオーバーしてしまいます。

 

同社のノアやヴォクシーが300万円程度であることを考えるとかなりの高級車です。
しかし、その価格差以上の価値がある、との声も多いです。

 

ただ、自動車税も高いし、車検、修理費も高くつくのでかなり維持費がかかると考えてください。

 

一度試乗すると、ヴェルファイアの魅力に取りつかれてしまうかもしれません。
でも、子供にかかるお金のこともちょっと考えて購入を決めましょう!

 

 

ヴェルファイアの目標値引きはいくら?

 

400万〜500万円もするヴェルファイア。
もうちょっと安く買いたいですよね。

 

ということで期待したいのが値引き額。

 

ヴェルファイアの値引き相場は35万円です。

 

オプションなどを含めた総額からの目標は40万円超え!
ライバルとの競合などで大幅値引きを狙ってください。

 

ヴェルファイアのライバルといえば、アルファードかエルグランドです。

 

エルグランドは人気がないので競合になり得ないかもしれません。

 

アルファードは同じトヨタですが、販売店が違うので競合になりえます。

 

ヴェルファイアはネッツ店、アルファードはトヨペット店での取り扱いなので両方から見積りをとってみることからはじめましょう。

 

もし、経営資本の異なるネッツ店があるならヴェルファイア同士の競合も可能です。

 


 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link