実は、車の買い替えで【損】してました・・・

私は車を買い換えるときに必ずディーラーに下取りに出していました。

でも、それが大損の原因でした。

この事実を知っていれば、一つ上のグレードを買えたかもしれない・・・

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが確実に高く売れます

平均で16万円、中には50万円以上も高くなった方もいます。

\350万円で売れました/

購入は現金?ローン?それとも残価設定?どれが一番いいの?

車を購入する、といっても決して安い金額ではないため、その場で現金で、ということも難しい人もいるでしょう。

 

その場合、ローンとして月々分割で支払うかたちになりますが、最近では残価設定型プランも登場し、選択肢が増えましたね。

 

 

現金、ローン、残価設定プランと様々な買い方が選べる車。

 

どの方法で購入するのがいちばん賢いのでしょうか?

 

 

現金一括払いのメリット、デメリットは?

 

 

◯購入後の出費が最低限に抑えられる
◯無駄な金利を支払わなくていいので総支払額は一番安い
×貯金が全部なくなるなら、いざというときに困るかも
△実はローンのほうが値引交渉しやすい

 

 

まずは手っ取り早ささならピカイチの現金払い。

 

ローンを組まず、購入価格をそのまま現金で支払う方法です。

 

数百万単位と相当な出費となりますが、ローンのように金利が上乗せされないぶん、いちばん安く購入できます

 

毎月の支払いもなく、税金や車検などの維持費のみになるため、購入後のの出費も最低限

 

納車されたその日から完全に自分のものですので、改造しても売りに出してもOK。

 

気楽さではいちばんです。

 

 

 

しかし一括で購入できるお金を用意しなければならないため、購入すると決めてから実際に購入するまで、貯金をするという手間がかかります。

 

そのためきっちり全額貯まるまで長期間かかることもありますし、オプションなどで足が出てしまうとちょっと困ったことに。

 

また、貯金ができていたとしても一気に数百万のお金がなくなるので、購入後に大きなお金が必要になった時に困るかもしれません。

 

いざというときのために貯金はとっておきたい。
と考えているなら、ローンを組むほうが得策かもしれませんね。

 

子供がいるなら、なるべく貯金はとっておいたほうが良いでしょう。
とは言え、毎月の出費も抑えたいので難しいところです。

 

 

現金一括払いが向いている、という人は収入に余裕があり、貯金もある人やローンを組むことに抵抗のある人

 

または金利で余計な出費をしたくない人も現金一括払いがむいているようです。

 

 

ローンのメリットデメリットは?

 

ではディーラーなどの自動車ローンを利用した場合はどうでしょうか?
ローンを組む場合、まずはどこでローンを組むかから決めなければなりません。

 

自動車メーカーが運営しているローン会社がいちばん手続きも早く簡単ですが、金利が割高

 

銀行や信用金庫などの金融機関で組むなら金利は安くてすみますが、収入証明などが必要なほか手続きが面倒で時間もかかります

 

 

 

ただローンの場合、返済の仕方がとても多彩です。

 

毎月一定額を延々と支払っていくプランもあれば、ボーナス月に少々多めに支払い、返済期間を通常よりも短くするプラン。

 

さらに最初の年は一定額で支払い、翌年以降ボーナス払いが発生するプラン。

 

 

ほかにも収入や環境の変化などに応じ、色々なプランが用意されているため返済が負担になり過ぎる、ということはありません

 

最近は頭金なし、全額ローンも審査が通りやすくなってきましたので、まとまった金額が用意しにくい若い世代でも購入しやすいですね。

 

 

また車を買い替える場合、今乗っている車を下取りに出すことで頭金としてくれることもあります。

 

同じメーカーで買い替えを考えているなら、一度相談に行ってみるのもおすすめですよ。

 

 

ローンは若い世代の人たちを中心とした、貯金はないものの毎月安定した収入がある人がむいています。

 

ただ返済期間を長くとり過ぎると途中で金利が変動する場合もありますので、シミュレーションはしっかり行いましょう。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

残価設定型プランのメリットデメリットは?

 

では最後に最近話題の残価設定型プランのメリットデメリットを。

 

残価設定型プランの大きな特徴は3年〜5年先の車の価値(残価)を計算し、その分を差し引いた金額を支払っていく方法です。

 

頭金として一括で支払えば毎月の支払いは発生しませんし、ローンを組んだとしても全額ローンよりはかなり金額は抑えられます。

 

車を持ちたいけど全額ローンだと月々の支払いが苦しい、という場合はとても助かる方法ですね。

 

 

また数年先として設けられる期間は大抵3年となっており、3年経過した段階で最終的に車を買い替える、返す、買いとるという方法が選べます

 

3年以外には5年、というプランもあり、希望に応じて変更することが可能です。

 

ただ3年プランの場合車検がない、というメリットがあるので大抵3年プランを選ぶ人が多いようですね。

 

そして買い替えるか返すを選ぶと最終回の支払いは発生しません。

 

買いとるなら現金一括払いか新たにローンを組み直すというかたちです。

 

 

なので最初に購入した段階で数年後、車をどうするかを決めていなかったとしても安心。

 

乗っているうちに長年使いたい、と思えば買い取ればいいですし、乗り換えたいのであれば新車を購入すればいいのです。

 

 

 

ただ残価設定型プランの場合、あくまで最終的にディーラーに車を戻すことが前提になっているので、好きなように乗り回すということはできません。

 

査定に影響を及ぼすため走行距離にも制限がありますし、万が一傷をつけてしまった場合、深刻だと差額を請求されることもあります。

 

ほかにも定期点検が義務とされている、改造ができないといったデメリットも。

 

また、数年後に買い取りを選択した場合、最初からローンを組んだときよりも総支払額が高額になることもあります。

 

 

そして残価設定型プランだと、車を購入したにもかかわらず所有者はディーラー側のまま、というのも大きなデメリット。

 

その面から見ると、購入というよりもリースに近い購入スタイルといえますね。

 

 

 

なので残価設定型プランを利用するなら、数年ごとに車を買い替えたいという人や余り長距離ドライブをしない人。

 

または3年など、数年間限定で車が必要な人、というのがあげられますね。

 

それにどうしても月々の返済額を低く抑えたい、という人も向いているのではないでしょうか。

 

 

 

頭金は必要?

車を購入するとき、少し前なら少なからず頭金が必須でした。

 

ですが最近はそうでもないよう。

 

 

もちろん頭金があればそのぶんローンの残債が減りますので、返済期間が短くなったり月々の支払額が安くなるというメリットはあります。

 

さらに審査が通りやすくなる、というメリットもあるため、より金利の安い条件のいいローンを組みやすくなることもあげられますね。

 

 

一般的に頭金は車の価格の2割〜3割程度、といわれています。

 

300万円の車なら60万前後、ということになりますね。

 

ただ最近ではそこまで厳密でなくなってきており、1割程度でも十分審査が通るというディーラーも多いようですよ。

 

 

 

しかし最近は車よりも10倍以上高額な家ですら頭金なしで購入できる時代ですから、必須というわけではないようです。

 

逆にあえて頭金を入れず、その分を取得税や税金の支払いに充てるという人もいるそう。

 

頭金を入れるか入れないかはディーラーや金融機関の担当者などと相談し、審査が通るかどうかを第一に考えるのがよさそうです。

 

 

まとめ

現金払いはさておき、ローンか残価設定型プランかは総支払額はもちろんですが、車の乗り方によっても違ってきます。

 

長距離ドライブによく出かけ、同じ車を長年乗り続けるタイプの人の場合、少々月々の返済額が割高でもローンがおすすめ。

 

逆に数年ごとに色々な車に乗り換えたい、月々の返済額を少しでも安く抑えたいという人は残価設定型プランの方がおすすめです。

 

 

子供がいるなら、これからいろいろお金がかかります。
なるべく車にお金をかけずに教育費などの貯金をしたほうが懸命です。

 

どうしても車が必要なら、なるべく安く抑えておくことが大切です。
購入費だけではなく維持費も馬鹿になりませんから。

 

毎月の支払額が安くなるからと安易に残価設定ローンに飛びつかないように気をつけてくださいね。

 

最終的に、総支払額が高くなって貯金がふっとんだ・・・なんてことになりかねませんから。

 

 

ようするに、身の丈に合わない車は買うな!ってことですね。

 

自分の収入や貯金、今後に必要なお金を計算してしっかりシミュレーションしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

あなたの値引き交渉は間違ってる?限界値引きを引き出す交渉術5つ


車を安く買いたいなら、車探しの段階から準備を始めておくべきです。

知らないと騙されたり損したりします。

素人でもできる値引き交渉の5つのポイントをまとめたので、これから車を買う方は必見です。

  • 値引き交渉の仕方がよくわからない
  • もっとお得に車を買いたい
  • 大幅値引きのカラクリを知りたい
  • 交渉が苦手でも大幅値引きができる

そんな方は下記をチェックしてみてください。

→営業マンが教えたくない、値引き交渉の3つのポイントとは?



お得に車を買い替えたい方は必見!

ファミリーカーに乗り換えを検討している方へ。


買い替えの際に、今乗っている車を

ディーラー下取りに出すのはNG

です。

お得に買い換えるには、下取りではなく、買取専門店に売ったほうが高く売れるのです。


僕も子供が生まれて、セレナに乗り換えたときに、愛車のマーチ(5年落ち4万キロ)を査定しました。 38万円の値段がつきました。


ちなみに、下取り価格は23万円でした。


無料で最大10社から一括査定が受けられます。
申込みは1分で終わりますよ。


→あなたの愛車は今いくらで売れる?一括査定はこちら








Sponsored Link